登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「実力が劣るとは思っていない。自分達はマンチェスター・ユナイテッドで、チャンピオンズリーグ戦をホームで戦う。楽しみにしているよ」

― ライアン・ギグス

31/03/2014  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

ギグス「われわれはユナイテッド」

バイエルンとのチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦を前に、ライアン・ギグスは強気な姿勢を崩さなかった。

ドイツ王者が勝ち上がると予想する声、そしてバイエルンが連覇を成し遂げるという意見も少なくない中、ギグスはユナイテッドが決して侮れないチームであると主張。

「実力が劣るとは思っていない。自分達はマンチェスター・ユナイテッドで、チャンピオンズリーグ戦をホームで戦う。楽しみにしているよ」

クラブ史上に残るバイエルンとのチャンピオンズリーグ決勝(1999年)でプレーしたギグスは、当時と現在のバイエルンの違いについて聞かれると、次の様に答えた。

「メンバーだね。当然、自分を除いてだけれど! われわれは歴史のある2つのクラブ。フットボールを真摯にプレーしてきた2チーム」

「1999年の出来事に感化されることはないよ。何人かの選手は覚えてもいないだろうからね!」

デイヴィッド・モイーズ監督と同席したギグスは、監督との関係性について問われると、「良好。監督は何の問題もない。色々と言われているみたいだけれど、何故そんな話になっているのか理解に苦しむ」とコメント。

「選手としては常に試合に出場したいけれど、自分は毎試合には出場しない。前にプレーしたのは(オリンピアコス戦)、6、7週間ぶりの先発だったと思うけれど、チームには選手が多いから」

ページ 1 / 2 次へ »