登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

25/03/2014  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督はフェライーニのゴールを期待

デイヴィッド・モイーズ監督は、マルアーヌ・フェライーニらMFの得点力アップが必要と語った。

昨年夏にエヴァートンから獲得したMFは、移籍後ノーゴールのまま。負傷離脱という不運も重なったが、監督はフェライーニら中盤の選手が得点をあげる重要性を認識している。

今シーズンはマイケル・キャリック、トム・クレヴァリーがそれぞれ1ゴールを記録しているが、フェライーニ、香川真司、ライアン・ギグス、フアン・マタ、ダレン・フレッチャーは無得点のまま。今節で対戦するシティーのヤヤ・トゥレはフルアム戦でハットトリックを達成するなど、今季はリーグ戦だけで16ゴールを記録。監督は定例会見で、ブルーズ(シティーの愛称)が誇る中盤の得点力について聞かれ、こう語った。

「指摘の通りだと思う。彼らは中盤に得点力のある選手を擁している。あらゆるポジションにゴールスコアラーがいるというのは大事なこと」

「われわれにも優秀なMFは多い。フェライーニは今シーズン中にゴールを決められると思っている。ウェストハム戦では惜しいヘディングシュートもあったし、終盤にはPKになっていても不思議ではない場面もあった」

「彼の得点感覚は戻りつつある。しかし、確かにシティーは得点力のある優れたMFを擁している」

ページ 1 / 2 次へ »