登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

21/03/2014  Report by A Marshall & A Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

監督はバイエルンとの対戦に興奮

デイヴィッド・モイーズ監督は、バイエルンとのチャンピオンズリーグ準々決勝を楽しみにしていると語った。

厳しい相手との対戦と認めた一方で、監督はヨーロッパ最高峰の舞台でベスト8に進出出来たことを喜んでいる。

「チャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせ抽選にクラブの名前があることに興奮した」

「オリンピアコスとの第1戦が終わって2-0となって以降、われわれが準々決勝に進出出来ると思った人は少なかっただろう。つまり、どのチームと対戦しても関係ないということだ」

「ただ、われわれは優勝候補からは脱落したと言わざるを得ない。それだけ厳しいラウンドになるが、楽しみでもある」

監督は4月1日(火)の第1戦をホームで戦う点についても、自論を語った。

「昔の考えで言えば、第2戦をホームで戦う方を好むだろう。たしかにそうだと思う。しかし、現代のフットボールではカウンターアタックを多用するチームが多く、ホームとアウェーでは戦い方も変えるチームも多い。ドローの結果は出たわけだし、第1戦をホームで、第2戦をアウェーで戦う。それを受け入れるだけだ」

サー・アレックス・ファーガソンからユナイテッドの監督を引き継いで以降、ヨーロッパの大舞台での経験不足が指摘されるが、監督は次の様に話す。

ページ 1 / 2 次へ »