登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

05/06/2014  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

ルーニーは批判に無関心

調子が上がらないことを批判されていたウェイン・ルーニーだったが、エクアドルとの親善試合でゴールを記録し、復調をアピールした。

イングランドはエネル・バレンシアにゴールを奪われ先制されたが、ルーニーが同点ゴールを決め、リッキー・ランバートもゴールネットを揺らし、2-2のドローとなった。
巷では、イタリアとのワールドカップ初戦で起用すべきではないという意見も出ている10番だが、ルーニーはゴールを決めると喜びのあまり拳を天に突き上げ、感情を露に。試合後のルーニーは、ワールドカップに集中したいと話した。

「批判には興味がない。色々と言いたいことがあれば言えば良い。でも僕はチームのコーチや周りの意見にしか耳を貸さない。ジャーナリストも書きたいことを書けば良い。僕はまったく関心がないけどね」

「母国のためにプレーするのを楽しんでいるよ。左ウィングだろうと、右ウィングだろうと、MFだろうと、フロントだろうと、どのポジションだって構わない。自分はイングランドのためにプレーすることを誇りに思っているし、それは変わらないから。ポジションは監督が決めるもので、どこでだって自分はプレー出来る」

ページ 1 / 2 次へ »