登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

23/06/2014  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

ポルトガル、米相手に引き分け

ポルトガル対アメリカはナーニが先制ゴールを決めたが、2-2の引き分けに終わった。

ポルトガルはこの試合で負ければグループリーグ敗退が決まるため、積極的に攻め込み、前半5分にナーニのゴールで先制するが、後半に入ってアメリカが逆転に成功。このまま終わるかと思ったアディショナルタイム5分に途中出場のシルヴェストル・バレラが劇的な同点ゴールを決め、引き分けに持ち込んだ。

前半5分、アメリカDFジェフ・キャメロンが左サイドからのクロスの処理を誤り、逆サイドに抜けてきたボールをナーニが近距離から豪快に決め、ポルトガルが先制した。

しかし、アメリカがその後立て直し、前半をアメリカペースで進めたものの、バイタルエリアでの仕掛けが足りず、クリント・デンプシーの気迫だけが目立つ形となった。一方、ポルトガルもナーニが気を吐き、右サイドから仕掛けるが、GKティム・ハワードの好セーブもあり、追加点は奪えなかった。

後半に入ると、まずアメリカがチャンスを掴んだ。54分にファビアン・ジョンソンが右サイドを突破し、ゴール前に折り返したボールにマイケル・ブラッドリーが合わせるが、これはポルトガルDFリカルド・コスタがゴールライン上でクリアした。

ポルトガルもクリスチアーノ・ロナウドが60分にカウンターアタックをしかけるなど、隙を見て攻撃をしかけたが、暑さも手伝い決定力に欠けた。そしてロナウドのカウンターの直後、今度はアメリカのジャーメイン・ジョーンズが豪快な

ページ 1 / 2 次へ »