登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

23/06/2014  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

ベルギーが決勝T進出

グループHのベルギー対ロシアにマルアーヌ・フェライーニが先発出場し、1-0の勝利に貢献。ベルギーは決勝トーナメント進出を決めた。

ベルギー代表のマーク・ヴィルモッツ監督は、2-1で勝利した第1戦、対アルジェリア戦で途中出場して1ゴールの活躍を見せたフェライーニをこの試合で先発起用した。尚、同じくプレミアリーグで活躍するトーマス・ヴェルマーレンがウォームアップで負傷し、先発出場したものの前半30分でヤン・ヴェルトンゲンと交代した。

前半は退屈な展開となり、見せ場はロシアのデニス・グルシャコフのクロスにアレクサンドル・ココリンが反応して放った惜しいヘディングシュート位で、結局前半は0-0で終了した。

後半も前半と同じくスロースタートとなった。序盤のハイライトはベルギーのディヴォック・オリジが倒された位で、暑さから両チームとも動きに精彩を欠き、魅力に欠けた。アドナン・ヤヌザイも起用されずに終わった。

しかし、時間が経つと共に、ファビオ・カペッロ監督率いるロシアは自信を持ち始め、81分にはアンドレイ・エシュチェンコがペナルティエリアギリギリから惜しいシュートを放つなど、チャンスを演出した。

一方ベルギーも交代で入ったケヴィン・ミララスがポスト直撃のフリーキックを放ち、またエデン・アザールやフェライーニも惜しいシュートを放つなど、徐々に押し込んで行く。

ページ 1 / 2 次へ »