登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

09/07/2014  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 3 次へ » 

ロビンの出場は直前の状態次第

ルイ・ファン・ハール監督は、ワールドカップ準決勝となるアルゼンチン戦に、オランダ代表主将のロビン・ファン・ペルシーが間に合うことを願っている。

前日ドイツがホスト国であり、優勝候補でもあったブラジルを相手に、なんと7-1で圧勝して決勝に進出。オランダはリオネル・メッシを軸とするアルゼンチンに勝利し、2大会連続の決勝進出を果たしたいところだ。チームの要とも言えるファン・ペルシーは胃の不調を訴えているが、試合には出場すると見られている。

ファン・ハール監督は、「ロビンは胃の状態が良くない。腸の状態が良くないようだ。彼が出場可能かどうかは今のところわからないが、最終的には私が決める。ファン・ペルシーはチームの主将であり、非常に重要な存在だ。私の理念としては、チームの主将は出場する立場にあるが、彼の場合は体調を万全にしないといけない」とコメント。

オランダでは負傷したロン・フラール、ナイジェル・デ・ヨングが練習に復帰したものの、監督は鼠径部を痛めたデ・ヨングの復帰は奇跡が起こらなければ不可能と考えている。準々決勝のコスタリカ戦では、

ページ 1 / 3 次へ »