登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「アシスタントコーチのギグスだが、彼には非常に満足している。契約をする前に彼と話をした。第一印象は常に大切で、彼の場合は非常に良かった。そして彼を知るにつれ、彼への評価は高まっている。彼はしっかりと仕事をこなしてくれている。9時から5時までの仕事ではない。私の元ではもっとハードに仕事をしなければならない。楽しくない時もあるかもしれない。だが、非常に良い仕事をしてくれている。彼がいてくれてハッピーだ」

−ルイ・ファン・ハール監督

23 July 2014  Report by Mark Froggatt

監督、ギグスを称賛

ルイ・ファン・ハール監督はアシスタントコーチ、ライアン・ギグスのシゴトぶりを賞賛した。細部まで気を配り、ユナイテッドを誰よりも知っているギグスは新たに就任した監督にとって欠かせない存在のようだ。

ギグスは5月に現役を引退。その後昨シーズンのスタッフから最低1人は手元に残したいという監督の希望から、アシスタントコーチに就任した。監督はギグスについて以下のようにコメントした。

「アシスタントコーチのギグスだが、彼には非常に満足している。契約をする前に彼と話をした。第一印象は常に大切で、彼の場合は非常に良かった。そして彼を知るにつれ、彼への評価は高まっている」

「彼はしっかりと仕事をこなしてくれている。9時から5時までの仕事ではない。私の元ではもっとハードに仕事をしなければならない。楽しくない時もあるかも知れない。だが、非常に良い仕事をしてくれている。彼がいてくれてハッピーだ」

「私は最低1人を前体制から引き継ぐようにしている。なぜならば私はそのクラブのカルチャーを理解したいと思っており、そのスタッフがアドバイスをしてくれるからだ。選手を知りたいと思えば、そのスタッフがアドバイスしてくれる。若手選手についてもそうだ」

「そういう理由から前体制から引き継ぐようにしている。バルセロナではジョゼ・モウリーニョを残し、バイエルンではヘルマン・ガーランドを、そしてユナイテッドではギグスを残した。彼は全員を知っており、ユナイテッドの誰よりもこのクラブのカルチャーを知っているので、私は非常に満足している。スタッフに彼がいてくれて嬉しい」

「スタッフは選手たちよりも重要だ。選手たちにはこんなことを言わなければならないのは残念だが、私の哲学を徹底させなければならないので、まずは求めることを忠実にこなし、私に自信を与えてくれるスタッフが必要だ」

また監督は、選手たちの監督のやり方への対応に満足しているとした。現在は2部練習を取り入れており、フィットネスの向上を図っている。

ページ 1 / 2 次へ »