登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「考えに考え抜いた結果、今がマンチェスター・ユナイテッドを去る時期と決断しました。この決断は、クラブの規模と等しく、自分のキャリアにおいても最も大きな決断です。ユナイテッドは生涯心の中で生き続ける存在です」

― パトリス・エヴラ

21 July 2014  Report by Mark Froggatt

エヴラがファンに感謝

オールド・トラッフォードで9年プレーしたパトリス・エヴラが、ユヴェントスへの移籍を決めた。ユナイテッドを退団するに際し、エヴラはユナイテッドサポーターに感謝の気持ちを伝える声明文を発表した。

考えに考え抜いた結果、今がマンチェスター・ユナイテッドを去る時期と決断しました。この決断は、クラブの規模と等しく、自分のキャリアにおいても最も大きな決断です。ユナイテッドは生涯心の中で生き続ける存在です。

ユナイテッドへの移籍、そしてプレー出来たことは名誉であり、夢が叶ったも同然でした。良い時期もあれば悪い時期もありましたが、われわれは団結し、チームへの忠誠を誓い続けました。常々言っていたことですが、マンチェスター・ユナイテッドへの加入は家族になるということ。この関係はこれからも続くでしょう。

クラブの歴史は深く、その一部となれて光栄です。この9年で素晴らしい人達に出会い、多くは未だに自分の友人です。クラブの全員に感謝しています。チームメート、コーチ、それに毎日キャリントン、そしてオールド・トラッフォードでの日々を特別な物にしてくれたスタッフにも御礼を言いたい。

ユナイテッドに入団し、全てを可能にする機会を与えてくださったサー・アレックス・ファーガソンには本当に感謝しています。自分を主将に任命してくれ、ユナイテッドレジェンド達に影響を与えてもらい、クラブ以上に大きな存在はクラブ内にいないという哲学を理解する機会を与えてくれました。

そして誰よりもファンに御礼を言いたい。ファンの皆とは最高の時間を過ごせた。数々のトロフィーを一緒に取ったし、モスクワでの夜は生涯心の中で生き続ける瞬間になりました。ユニホームを脱ぐたびに、自分はクラブの紋章を背負ってプレーしていたと感じたし、極めて特別なクラブのためにプレーしていたと感じた。ユナイテッドへの情熱は今後も冷めることはない。クラブが今後も多くの成功を残すことを期待しています。

【関連記事】
エヴラがユヴェントスに移籍