登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

ユナイテッド 1
エルナンデス(16分)

スウォンジー 2
ラウトリッジ(12分)、ボニー(89分)

2014年1月5日(日)
オールド・トラッフォード

06/01/2014  Report by Tim Oscroft
ページ 1 / 2 次へ » 

ユナイテッド 1-2 スウォンジー

10年ぶりのFAカップ優勝を目指すユナイテッドは、3回戦でスウォンジーと対戦。しかし、ファビオの一発退場による数的不利な状況が生まれ、1-1で迎えた終盤、ウィルフリード・ボニーに決勝点を決められてしまい、1-2で敗れた。

ユナイテッドは試合開始から果敢に攻める姿勢を見せ、右SBとして出場したクリス・スモーリングも積極的に攻撃に参加。アントニオ・バレンシア、ダニー・ウェルベックとの連携から前線に飛び出す良い動きを見せる。

更に香川真司も持ち味を発揮。ウェルベックからのパスを受けたシンジは、ペナルティエリア内でフリーだったチチャリート(ハビエル・エルナンデス)に繋がる連携に絡むなど、チャンスを作る。

しかし、直後スウォンジーが先制点を記録。
縦へのスルーパスに抜け出したのはウェイン・ラウトリッジ。ラウトリッジはアンデルス・リンデゴーアの頭上を超えるループシュートを決め、スウォンジーが先制した。

ユナイテッドもその4分後、左サイドからアレクサンデル・ビュットネルが上げたクロスをチチャが押し込んで1-1の同点に追いつく。

それ以降ゴールは決まらず折り返した試合は、後半開始からしばらく小康状態となり、両チーム共に決定機に欠く展開へ。

ユナイテッドではリオ・ファーディナンドが膝を負傷し、ファビオが緊急出場。
しかし、ピッチに入った5分後、ファビオはホセ・カニャスに危険なスライディングをしたと判断され、レッドカードを受けて退場。

数的不利な状況を強いられたホームチームに対し、スウォンジーは波状攻撃を仕掛ける。そして迎えた89分、先制ゴールを決めたラウトリッジのクロスをボニーが頭で押し込み2-1。

ページ 1 / 2 次へ »