登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

11/01/2014  Report by Adam Marshall

RvPはオランダで治療

デイヴィッド・モイーズ監督は、大腿部の負傷により欠場を続けているロビン・ファン・ペルシーが、オランダに帰国し治療を受けていたと明かした。

昨シーズンのバークレイズ・プレミアリーグ得点王は、12月に行なわれたシャフタール戦(チャンピオンズリーグ)以降欠場を続けている。

監督は、ファン・ペルシーの現状について、次の様に勝った。

「アーセナル時代(2007-08シーズン後半戦)の負傷と今回の負傷は似ている」

「昨シーズンは負傷を経験していなかったからね。シャフタール戦でCKを蹴った時に違和感を感じたようだ。チームにとっては痛手だが、以前の負傷箇所が再発したわけではなかった」

「適切に対応しないといけなかったので、オランダで治療を受けさせた。出来るだけ早く復帰させる為の治療を受けさせている」

【関連記事】
モイーズ監督はヤヌザイを称賛