登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

08/01/2014  Report by Adam Marshall

セットプレーからの失点改善は急務

ラファエウは、今後ユナイテッドが再び上昇気流に乗る為にも、セットプレーからの失点癖の改善が必要と見ている。

2-1で敗れたサンダーランドとのキャピタルワンカップ準決勝第1戦では、セットプレーからライアン・ギグスのオウンゴールが生まれ、トム・クレヴァリーがアダム・ジョンソンをペナルティエリア内で倒したと判定され、PKから2点目を奪われた。

ボクシングデイ(12月26日)のハル戦で負傷したラファエウは、サンダーランド戦で復帰したが、PKという判定に納得がいかず、レフェリーに抗議したことでイエローカードを受けた。

ブラジル人DFは「2点も取られてしまった。FKからとPKで。こういうタイプの失点を減らせれば、チームはまだまだ成長出来る。だからすぐに改善しないと」とコメント。

「とにかくサンダーランド戦の結果は忘れて、スウォンジーとのリーグ戦に集中しないと。もちろんウェンブリーでの決勝には進出したい。第2戦はオールド・トラッフォードで行なわれるし、まだまだチャンスはある」

【関連記事】
不運を嘆くギグス