登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/01/2014  Report by Mark Froggatt

フレッチ「チェルシー戦は怖くない」

ダレン・フレッチャーは、ユナイテッドが今節のチェルシー戦に向け、何ら恐れを抱いていないと主張。必勝を誓っている。

前節オールド・トラッフォードでスウォンジーに2-0で勝利し、2014年初勝利を挙げたユナイテッドは、優勝争いを繰り広げているチェルシーとアウェーで対戦する。

現在のチェルシーは好調を維持しており、ここ10試合で勝ち点25を記録。そしてジョゼ・モウリーニョ監督のスタンフォード・ブリッジ無敗記録は継続中である為、極めて難しい試合になると予想される。

しかし、過去に幾度となく厳しい状況を打破してきた経験を持つフレッチャーは、ユナイテッドのチームメート達が怖気づくことは無いと断言。

「怖気づく必要なんて全くない。自分達は毎試合勝利を期待されているからね。ホームでのスウォンジー戦だろうと、アウェーでのチェルシー戦だろうと関係ない。いずれにせよ、負ければ大変なこととして見られる」

「今のように難しい状況は経験済み。ビッグゲームの方が選手達の集中力は増すこともあるし、それがベストなパフ

ページ 1 / 2 次へ » 


「チェルシーは難しい相手だし、自分達にとってもチャレンジだけれど、スウォンジー戦で得た自信もある。前節と同じ結果を残す自信に満ちている」

― ダレン・フレッチャー