登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/01/2014  Report by Adam Marshall

フェライーニらは復帰に向け前進

手首の手術を受け欠場を続けているマルアーヌ・フェライーニが、来週はじめにもギプスを外せるようになると、デイヴィッド・モイーズ監督が明らかにした。

ベルギー人MFは、思わしくなかった手首の手術を受け、12月上旬のエヴァートン戦以降欠場を続けている。その他フィル・ジョーンズ、アシュリー・ヤングも負傷により欠場中だが、全員復帰に向けて着実に前進していると、監督は会見で話した。

「(先週末のスウォンジー戦では)9選手が欠場したと思う」

「フェライーニは来週の月曜(20日)にはギプスを外せると聞いている。彼の手首の状態は深刻で、大きな手術が必要と聞いていた。それだけ悪い状態だったということだ。現役選手としての生活が終わった後にも影響が出る可能性もあったので、適切に対応する必要があった。今はランニングを中心としたトレーニングを続けている。まだフットボールに関連したトレーニングは再開していないが、来週中にフェリ(フェライーニの愛称)が練習に復帰出来れば良いと思っている」

「ジョニー・エヴァンスは腰、フィル・ジョーンズは膝を痛めている。ジョーンズは間もなく復帰できるだろう。トッテナム戦で負傷したヤングも、復帰に近づいている。負傷者は間もなく復帰する予定だ」

【関連記事】
ルーニーはチェルシー戦欠場へ