登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

03/01/2014  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

クレヴァリー「手痛い負けだった」

トム・クレヴァリーは、2-1で敗れたトッテナム戦について、「手痛い敗戦だった」と語った。

トッテナム戦では2点を先行された後、ダニー・ウェルベックがゴールを決めたが、決定機に決められず敗戦。ウェルベック、そして途中交代のアシュリー・ヤングに与えられるべきPKも認められず、運にも見放された。

「6連勝としていた時の負けだったから、それが一番辛かった。ライバルに勝って、更に勢いに乗るチャンスだったからね。でも、思い描いていたような結果にはならなかった。口の中に苦味だけが残った感じだった」と、クレヴァリーはコメント。

「60分までにCKを4、5本は取れていたし、自分達が試合を支配していたと思った。ゴールを奪われたけれど、負けるとは思っていなかったんだ。疑問が残る判定もあったしね。運にも見放された」

「自分達寄りの判定になる必要はない。ただ、正当な判定が下されるべきと思っただけ。今後は公正にしてもらいたいね」

ユナイテッドは次戦からスウォンジーとのFAカップ戦、そしてサンダーランドとのキャピタルワンカップ準決勝(第1戦)と、国内のカップ戦を戦う。

「もちろんカップ戦に勝って挽回したい。次の試合に勝って、FAカップでも優勝したいし、リーグカップ準決勝でも勝ちたい。取れるタイトルはいくつもあるからね。とにかく次の試合に集中して臨むだけ」

ページ 1 / 2 次へ »