登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

10/02/2014  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

選手間の結束が問われる時

デイヴィッド・モイーズ監督は、2014年に入り351分と低迷する結果に選手達が精神的ダメージを受けていると語ったが、苦境を迎えた今こそ、選手達が結束し、決意を新たに次節から臨めると自信を見せている。

エミレーツでアーセナルと対戦する前の状態としては理想的とは言えない。特に、アーセナルが前節リヴァプール戦で5-1と完敗している点を踏まえれば尚更だが、監督は選手達の反骨心に期待。

「選手達はダメージを受けている。毎日の練習で選手達を見ているが、思うような結果が出ていないので精神的にダメージを受けている。うちの選手達は皆プロフェッショナルな姿勢でトレーニングに励んでいる。マッチプログラムにも寄稿したように、練習での選手達を見ていれば、必ず結果を残してくれると思わせてくれる。それは疑いようのないことだ」

チームの状態は悪くはないが、ユナイテッドはリーグ戦で安定した状態を維持出来ずにいる。モイーズ監督は、水曜日(12日)の試合に向け、必要以上に試合の重要性を強調することを拒んでいる。

「われわれは残り試合全てに勝たないといけない。何度聞いてもらっても私の答えは変わらない。われわれは残り全試合に勝たないといけない。フルアム戦も勝つべきだったし、勝たないといけなかった」

「とにかく目の前の試合に集中するだけだ。選手達を試合に集中させ、試練を与える。われわれには優秀な選手が揃っている。ユナイテッドと対戦したいと思うようなチームは多くはないだろう」

ページ 1 / 2 次へ »