登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

オリンピアコス 2
ドミンゲス(38分)、キャンベル(55分)

ユナイテッド 0

2014年2月25日(火)
カライスカキス・スタジアム

26/02/2014  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

オリンピアコス2-0ユナイテッド

過去4試合対戦して全勝を記録していたオリンピアコスとアウェーで対戦したユナイテッドだったが、前後半で共にゴールを許し、2-0で敗れた。

オリンピアコスのプレスは試合開始から強く、ユナイテッドがボールを保持するとサポーターも大ブーイングを浴びせるなど、アウェーという雰囲気満載となった。

ユナイテッドの攻撃はサイドを起点とした単調なもので、ビルドアップが上手くいかない。反対にオリンピアコスは速いボール回しからチームワークを生かした崩しを見せ、ユナイテッドゴールに激しいプレッシャーをかけていく。

オリンピアコスで目立つのはジョエル・キャンベル、そしてチョリ・ドミンゲスの突破。38分、そのドミンゲスがバイタルエリアでパスを受けると、DFイオニアス・マニアティスがシュート。シュートコースをドミンゲスが巧みに変えたボールがゴールとなり、ホームチームが先制する。

追う立場となったユナイテッドだが、創造性を欠いたプレーが続き、55分にはオリンピアコスがショートカウンターから追加点を奪取。今度はキャンベルのシュートが決まって2-0。

打開したいユナイテッドは60分にダニー・ウェルベックと香川真司を投入。

シンジがトップ下に入り、ルーニーがセントラルMF、ウェルベックが左に入るフォーメーションに変更。

79分にはアシュリー・ヤングがニアサイドにクロスを出し、ロビン・ファン・ペルシーが反応するも僅かに合わず。

ページ 1 / 2 次へ »