登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

14/02/2014  Report by A Bostock, N Thomas
ページ 1 / 3 次へ » 

監督はDFを称賛

デイヴィッド・モイーズ監督は、アーセナル戦で活躍した選手達を称賛。特に無失点に抑えたDFのパフォーマンスを高く評価した。

90分を通してアーセナルの決定機を封じたユナイテッドにも勝機はあったが、ロビン・ファン・ペルシーのヘディングシュートは惜しくもGKヴォイチェフ・シュチェスニーに阻まれた。

以下、監督が試合後MUTV、BT Sportのインタビューで語ったコメント。

固い守備について
過去と同様に両チームの対戦はタイトなもので、オールド・トラッフォードで勝利した際もタイトな試合だった。全体的にコンパクトな試合だったし、試合を通して守備が機能していたと思う。守備は統制され、試合をコントロール出来た。チームは統制され、良いプレーもあったので満足している。アーセナルとのアウェーゲームではハードにプレーして、負けないことが重要だ。試合展開に影響を与えるような細かなミスをするわけにはいかないし、それを実行出来たと思う。

ファン・ペルシーの決定機について
前線にボールを運べた時には今日よりも良い展開が見たかったが、得点をあげる機会はあった。試合開始早々にはロビンが素晴らしいチャンスを掴んだので、私も思わず席を立ち上がった。彼はアーセナル戦に相性が良いので、今回も決めてくれると思った。後半にも決定的なシュートを見せたが、相手GKのファインセーブに止められてしまった。ようやく決まったかと思った。素晴らしいカウンターアタックからの決定機で、ウェイン(ルーニー)のパスもファンタスティック

ページ 1 / 3 次へ »