登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

05/02/2014  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

モイーズ監督にアピールするキーン

マイケル・キーンは、ローン移籍していたダービーカウンティからユナイテッドに復帰後、デイヴィッド・モイーズ監督の目に留まろうとアピールに燃えている。

U-21レスター戦でクリーンシート(無失点)での勝利に貢献したCBは、キャプテンとしてもチームを引っ張った。
ラムズ(ダービーの愛称)のスティーヴ・マクラーレン監督は、キーンに残留するよう要請したと認めたが、キーン本人がベンチスタートという状況にフラストレーションを溜め、ユナイテッドへの復帰を決めたと明かした。フィル・ジョーンズ、ジョニー・エヴァンスが前節ストーク戦で負傷離脱した為、9日(日)のフルアム戦で21歳にチャンスが巡ってくる可能性はある。

「ダービーでの時間は楽しめたし、良い経験になったと思う。FAカップではチェルシーと対戦して、ビッグマッチも経験出来た。ただ、ベンチに座っているだけではフラストレーションが溜まる。ユナイテッドに戻ることがベストと判断したんだ」

「(負傷者が出たことでファーストチームでの機会が得られるかは)誰にもわからないこと。自分に出来ることは、監督の前で一生懸命にトレーニングに励むこと。月曜の試合のように、常に全力を尽くさないといけないし、毎日の練習で監督の評価を上げないと。機会を与えてもらえれば嬉しい。今週からローン移籍が可能になるけれど、数週間は様子を見て、それから色々と考えてみたい」

ページ 1 / 2 次へ »