登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

10/02/2014  Report by Ryan Grant
ページ 1 / 2 次へ » 

キャリック「受け入れ難い結果」

マイケル・キャリックは、2-2のドローとなったフルアム戦の結果を受け入れるのは難しいと話し、キャリアを通して見ても今節のような試合を経験したことがないと振り返った。

MFのディフレクトしたシュートが決まって2-1と逆転に成功した瞬間、誰もがユナイテッドの勝ち点3獲得は確実と思ったはず。しかし、終了間際ダレン・ベントに同点ゴールを許し、キャリックは天を仰いだ。

試合後MUTVのインタビューに応じたキャリックは、「受け入れるのは難しい。勝ち点1になってしまった理由を説明するのも難しい。完全に自分達のワンサイドゲームだった。大半を通して良いプレーをしていたし、チャンスも作った。でも、決められなかった。逆転した後もチャンスを作れていたし、追加点を奪うべきだった。最終的に今日のような結果になってしまって、受け入れるのは難しいよ」とコメント。

「もっと点を取るチャンスはあったし、試合をコントロールしていたけれど、それで勝利を逃したのは痛過ぎる」

「自分のキャリアの中でも、今日のような試合は経験したことがない。本来ならもっと点が取れるはずの試合だったから、フラストレーションが溜まる。相手をボックス内にほとんど入れていなかったことを考えれば、2失点という結果は残念過ぎる」

ユナイテッドは12日(水)にアウェーでアーセナルと対戦する。両チーム共に敗戦後だけに、絶対に勝利が必要な条件は同じ。キャリックはチームがビッグマッチを前に気持ちを切り替えられるとし、エミレーツで必ず勝ち点3を取れると

ページ 1 / 2 次へ »