登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

13/02/2014  Report by Mark Froggatt

監督、CBを称賛

デイヴィッド・モイーズ監督は引き分けに終わったアーセナル戦について、CB陣の出来が素晴らしかったと称賛した。

ネマニャ・ヴィディッチとクリス・スモーリングが先発したが、ラファエウの負傷によりスモーリングがSBに入ると、リオ・ファーディナンドが交代で入り、1月5日のFAカップ、対スウォンジー戦以来となる出場を果たした。

モイーズ監督は試合後にCB陣の出来が素晴らしかったと称賛し、彼らがチームの気持ちを代弁しているとした。

「良い点が沢山あった。まず守備が良かった。後半からファーディナンドを投入したが、素晴らしかった。あのような状況で試合に入っていくのは難しいが、本当によくやってくれた。スモーリングも素晴らしかった」

「このチームにはまだ勝利への欲がある。素晴らしい選手たちが揃っている。練習もしっかりこなしているし、貢献しようという気持ちがある。ヴィディッチとリオのプレーを見れば分かるだろう。

「経験豊かな選手たちがそろっている。全員が素晴らしい。全員がタイトル獲得を経験しているし、それが経験できていればもっと欲しいという気持ちになる。彼らはまだまだハングリーだし、成功を収めたいと思っている」

【関連記事】
監督はDFを称賛