登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

07/02/2014  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「ヴィダにとって適切な時期」

デイヴィッド・モイーズ監督は、今シーズン終了後にクラブを退団すると発表したネマニャ・ヴィディッチの決断について、クラブと選手の双方が納得して出した答えと説明した。

ヴィディッチはシーズン終了後の退団、そして国外チームへの移籍を表明。

モイーズ監督は、「今回の件は、チームと彼との間で話し合いをして決めたこと。私とネマニャで話し合った。クラブ、そして選手にとっても適切なタイミングだったと思う」とコメント。

「彼と話し合った内容は伏せておくが、彼はチームの為に尽くしてくれた。マンチェスター・ユナイテッドの主将として尽くしてくれた。シーズン終了まで主将を任せるし、彼を起用するつもりだ」

監督は、既に退団を表明している選手がチームに残ることについて、何の不安も無いと断言。

「ヴィダ(ヴィディッチの愛称)の様な選手なら問題ない。クラブの偉大なリーダーとして引っ張ってくれたし、本当にチームの為に尽くしてくれた。シーズン終了まで、これまでと同じ役割を期待している」

「周りも、私が自分の考えを推し進めようとしていること、それに時期を見て変えたいと思っていたことがあったと理解していると思う。それらは一夜では完遂できないことばかりだが、それと彼の退団は関係ない。さきほども言ったように、今回の決断は話し合って決めたこと。彼自身も適切な時期と判断したのだろう。われわれは前に進んでいく」

ページ 1 / 2 次へ »