登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

11/02/2014  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

ベッカム、同期にジェラシー

元ユナイテッドのデイヴィッド・ベッカムは、元チームメイトがユナイテッドのコーチを務めていることを羨ましく思うとコメントした。

昨年5月に引退したベッカムは、先日マイアミで米国メジャーリーグサッカーのクラブを創設する計画を明らかにしており、もし実現すれば選手からオーナーへというレアケースになる。

一方で、92年組と呼ばれる元チームメイトのライアン・ギグスとフィル・ネヴィルはファーストチームのコーチを、そしてポール・スコールズとニッキー・バットはユースコーチを務めている。

ベッカムは元チームメイトがユナイテッドでコーチを務めていることを羨ましく思うかという質問に対し、「多少はね! 僕の長男がユナイテッドで1週間練習をした時、ニッキー・バットがU-21を、フィル・ネヴィルがファーストチームを教えていたのを見たし、スコールズにも会った」

「彼らが今でもユナイテッド、そして子供たちに関わっているのは素晴らしいことだと思う。彼らのような長年に渡って成功を収めてきた選手たちが若い世代を教えるなんて最高だ。それがユナイテッドだよ」

また現役を続けているギグスに関しては「彼が40歳だということは羨ましく思わないね。まだ僕には数年残されているから(笑)。でも彼が成し遂げたことは見事だし、彼のクラブへの貢献は素晴らしいと思う」

ページ 1 / 2 次へ »