登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

アーセナル 0

ユナイテッド 0

2014年2月12日(水)
エミレーツ
観衆:6万21人

13/02/2014  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

アーセナル 0-0 ユナイテッド

勝って嫌な流れを断ち切りたいユナイテッドだったが、エミレーツでのアーセナル戦では点を奪えず、スコアレスドローとなった。

早々に決定機を得たのはユナイテッド。ロビン・ファン・ペルシーがミケル・アルテタからゴール前でボールを奪うと、ボックス内に持ち込みシュート。左足で放たれたシュートだったが、GKのヴォイチェフ・シュチェスニーの正面。
決定的なチャンスを逃してしまう。

反対にアーセナルも3分にジャック・ウィルシャーが1人でボックス内に運んでシュート。CKからはオリヴィエ・ジルーが頭で触るも点には繋がらない。

ポゼッションではアーセナルが上回り、ユナイテッドは苦しい展開。そんな中18分にはフアン・マタからのスルーパスがDFの裏に通り、ファン・ペルシーへと渡るが、右足でのシュートは不発。

ユナイテッドは前節に続きサイドからの攻撃が中心で、中盤でのアイディア不足は否めない。

後半開始からは前半に首を痛めたラファエウを下げ、リオ・ファーディナンドを投入。クリス・スモーリングが右SB位置に入った。
ユナイテッドはマタのFKからキャリックが繋いでチャンスを作ったが、ファーサイドに選手がいなかった為に決定機とはならず。

アーセナルはCKからDFローラン・コシールニーが完璧なタイミングでヘディングシュートを放ったが、ファーにいたアントニオ・バレンシアがクリアー。

ページ 1 / 2 次へ »