登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

09/12/2014  Report by Alex Urquhart-Cannon
ページ 1 / 2 次へ » 

RvP「全力を尽くして勝てた」

ロビン・ファン・ペルシーは、2-1で勝利したサウサンプトン戦後、運にも味方されたと認めつつ、チーム全員の弛み無い努力があったからこその勝ち点3だったと強調した。

ジョゼ・フォンテの不用意なバックパスを見逃さなかったオランダ人ストライカーのゴールで先制したユナイテッドは、同点に追いつかれるも、後半に再びファン・ペルシーのゴールで勝ち越し、バークレイズ・プレミアリーグ3位に浮上。

ファン・ペルシーは試合後のインタビューに応じ、「全員が全力を尽くしたから勝てた。タフな試合だったし、サウサンプトンは良いチームだから、どういう展開になるかは予想していた。チームとして、1週間みっちりと対策を講じてきたからね。結果的に勝てて5連勝だから、チームの状態も上向いているということ。(バックパスを奪うのは)ギャンブルだった。10回中9回は失敗するようなプレーだったよ。奪えたとしても、ゴールを決めないといけないわけだからね。僕はラッキーだったと思う。上手く相手の足の間を抜くシュートを打てた。ただ、今回のような状況でこそ、運を掴めるものだから」とコメント。

ファン・ペルシーは、上がってきているコンディション、そして次節リヴァプール戦について、次の様に述べた。

「この数週間はコンディションも良い。今なら90分間を楽にプレー出来るし、試合に出続ければ更に楽にプレー出来るようになる。今日のようにね。終盤もまだまだやれたし、そういう状態にコンディションを上げたいから。ゴール、アシスト、勝利は、それから付いてくる。僕自身は、これからも状態を上げていかないといけない」

ページ 1 / 2 次へ »