登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

02/12/2014  Report by Tim Oscroft
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「過密日程にも対応する」

ルイ・ファン・ハール監督は、はじめて経験するプレミアリーグ特有の過密日程という試練を乗り越える準備が出来ていると話す。

ユナイテッドは12月2日(火)にホームで行われるストーク戦を皮切りに、今月6試合を消化する。新年初戦は1月1日(木)にブリタニア・スタジアムで行われるストーク戦となり、1月の1週目の週末からはFAカップもスタートする。

シーズンの3分の1を消化し、前節はハルに3-0で勝利したとはいえ、監督は簡単に得られるものは何もないと言う。

「プレミアリーグでイージーなことなど何もない。リヴァプールがストーク戦で85分まで苦しんだのが良い例だ。全ての試合が難しい。結果が読めないからこそ、プレミアリーグはエキサイティングなんだ」

「スタジアムの雰囲気もそうだし、ファンは自分達の贔屓チームを試合終了まで諦めずに応援し続ける。こういう要素があるからこそ、私はプレミアリーグで仕事をしたい」

イングランドの伝統である過密日程をはじめて経験する監督は、選手達の疲労を懸念するが、対応可能と自信を見せている。

「私に試合日程は変えられない。選手達にとっては、2日間隔で試合をするのは良いとは思えない。12月の試合数は抑えるべきだ。われわれには家族がある。私にも妻、子供、孫がいる。今年のクリスマスは家族と一緒に過ごせない。だが

ページ 1 / 2 次へ »