登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「優勝できると信じないといけない。首位とは勝ち点8差で、これから過密日程時期を迎える。チームが勝って、相手が良くない結果を残せば、その差はなくなる」

― ウェイン・ルーニー

16 December 2014  Report by Mark Froggatt

ルーニー「優勝は可能」

ウェイン・ルーニーは、今季ユナイテッドがバークレイズ・プレミアリーグで優勝する可能性が低いという予想をチームメートも腹立たしいと思っていると主張し、ルイ・ファン・ハール監督の下、チームが結果を残している点を強調した。

シーズン開幕当初は結果が安定しない時期を過ごしたが、11月序盤からは状況も好転し始め、6連勝で3位にまで浮上した。首位を独走するチェルシーを抜くには並大抵の努力では足りないかもしれない。だがキャプテンは、ユナイテッド優勝の可能性を信じている。

3-0で勝利したリヴァプール戦後、ルーニーはメディアに対し、こう述べた。

「優勝できると信じないといけない。首位とは勝ち点8差で、これから過密日程時期を迎える。チームが勝って、相手が良くない結果を残せば、その差はなくなる。今のチームには新しい選手が多いけれど、僕らは以前に何度も今の立場に立ってきた。今こそ僕やマイケル・キャリック、ダレン・フレッチャーらの経験をチームメートに伝える時だ」

「勝ち続けないといけない。首位に返り咲きたいね。どうなるかは誰にもわからない。僕らは調子を取り戻している。何試合かはチームの思うような展開で進められなかったけれど、結果は残してきた。それが非常に重要なことなんだ」

「2年前にリーグ優勝した時も、多くの試合で苦しい展開を強いられた。それでもチームは勝った。時には、そういう形で結果を残すことが大事なんだ。チェルシーも良いプレーができていなかった試合で、何とかして勝利を掴んだ。僕らにとって正しいパフォーマンスができるようになれば、それが勝てるという自信に繋がる」

リヴァプール戦でゴールを決めたルーニーは、GKダビド・デ・ヘアの功績が大きかったと認めている。デ・ヘアは、ラヒーム・スターリング、マリオ・バロテッリのシュートをスーパーセーブで防ぎ続け、無失点に抑えた。ルーニーは、素晴らしいパフォーマンスを続けるスペイン出身について、ユナイテッドで光り輝くキャリアを送れると確信しているという。

ページ 1 / 2 次へ »