登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

19/12/2014  Report by Tim Oscroft
ページ 1 / 2 次へ » 

キャリック「GKに楽をさせたい」

マイケル・キャリックは、リヴァプール戦でチームの窮地を何度も救ったGKダビド・デ・ヘアの負担を今後の試合で軽減させたいと語った。

クラブ公式HPでの月間MVPを10月と11月に連続受賞したデ・ヘアは、ファン投票によるリヴァプール戦のマン・オブ・ザ・マッチにも選出された。キャリックは、試合後MUTVのインタビューを受け、「リヴァプール戦で勝てたなら、いつだって結果を受け入れる。ただ、今回はスコアが全てを物語っているわけではない。ダビドがファインセーブを決めないといけない展開になってしまった。それは、僕らがボールを奪われたせいだ。試合をコントロールしていたのはチームだけれど、もしリヴァプールが決定機にゴールを決めていたら、試合の流れが変わっていたかもしれない。ダビドは素晴らしいよ。またステップアップしてくれた。これからは彼に楽をさせたい」とコメント。

3バックの一角として起用されたキャリックは、9月21日、そして10月20日以来となる先発出場となったジョニー・エヴァンスとフィル・ジョーンズのパフォーマンスを称賛した。

「フィルとジョニーも素晴らしいプレーをしていた。怪我から復帰したばかりの時は難しいのに、彼らは優秀な選手ということを証明したよ。彼らは優れたDFだから、僕の負担も軽くなった。それに、リヴァプールに勝てたのだから良い日だったはず」

キャリックは、6連勝という結果に浮かれることはないとしたが、ようやくチームの基盤ができつつあると感じているという。

ページ 1 / 2 次へ »