登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

バーンリー 0

ユナイテッド 0

8月30日(土)
ターフ・ムーア
観衆:3万1,399人

01/09/2014  Report by Ryan Grant
ページ 1 / 2 次へ » 

バーンリー 0-0 ユナイテッド

今シーズン初勝利を狙いアウェーでのバーンリー戦に臨んだユナイテッドだったが、90分スコアレスドローに終わり、今シーズン初勝利は次節までお預けとなった。

ルイ・ファン・ハール監督は、レアル・マドリーから獲得したばかりのアンヘル・ディ・マリアを先発に起用。アルゼンチン出身はセントラルMFのポジションに入り、中盤から前線に精度の高いパスを供給するなど、攻撃時のビルドアップで存在感を発揮。

14分にはそのディ・マリアからロビン・ファン・ペルシーにロングフィードが通り、オランダ人ストライカーはシュートを放つも、バーンリーGKのトム・ヒートンのセーブに阻まれる。

ファイナルサードで決定的な動きが出来ないユナイテッドは、29分、再びディ・マリアからチャンスが生まれる。ディ・マリアからのロングパスをウェイン・ルーニーが足で落とし、ファン・ペルシー、フアン・マタがシュートを狙って詰めたが、フィニッシュ出来ず。

ユナイテッドは今節も3バックを継続。中央にフィル・ジョーンズ、左右にジョニー・エヴァンスとタイラー・ブラケットを配置するが、左右のサイドを突破されるシーンも少なくなく、パスミスからバーンリーにチャンスを作られる場面も見られた。

チームに合流したばかりのディ・マリアは、後半に入ってもオフェンスの起点となり、58分には左サイドからドリブルで抜け出し、ペナルティエリアまでボールを運ぶと、ルーニーが繋いでファン・ペルシーに渡すも、シュートは決まらない。

ディ・マリアは相手との接触からふくらはぎを蹴られ、ピッチに座り込む姿も見られると、ファン・ハール監督は70分にアンデルソンと交代させる。ダニー・ウェルベックがファン・ペルシーと交代した他、87分には負傷したマタに代わり、アドナン・ヤヌザイがピッチに入った。

ページ 1 / 2 次へ »