登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

ニューカッスル 0

ユナイテッド 4
マタ(39、50分)、エルナンデス(64分)、ヤヌザイ(93分)

2014年4月5日(土)
セント・ジェームズ・パーク

06/04/2014  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

ニューカッスル 0-4 ユナイテッド

前節アストン・ヴィラ戦に続き、ユナイテッドがゴールラッシュ。アウェーでのニューカッスル戦を4-0で快勝した。

ホームのニューカッスルに押し込まれる場面も見られたが、フアン・マタのFKによる先制ゴールからユナイテッドが試合をコントロールし始め、前節に続き4ゴールを記録。
久々に先発出場したハビエル・エルナンデスも前半からハードワークをこなし続け、後半にはきっちりとゴールで貢献。負傷したアシュリー・ヤングに代わって出場したアドナン・ヤヌザイも後半追加タイムにゴールを決めた。

自身のキープから得たFKを自ら蹴ったマタは、壁を超える山なりのシュートをゴール右隅に決めてみせ、ユナイテッドが先制。このゴールをきっかけにユナイテッドが攻勢に転じた。

前半終盤には香川真司からチチャリートへ、完璧なタイミングとコースにスルーパスが出されたが、シュートは惜しくもポスト直撃。
シンジとチチャの好連携は後半も見られ、2点目に繋がる。ファブリシオ・コロッチーニのクリアーミスがバウンドしたところをシンジが頭で中に送り、チチャが詰めていたマタにパス。スペイン人MFは上手く身体を切り返してシュートを決め、2-0。

チチャリートのハードワークは64分に実を結ぶことに。ヤヌザイがフリーランニングで前線に抜けたシンジを見逃さずパスを繋ぐと、シンジはニアにダッシュしたチチャの足下にボールを出し、難しい体勢ながらもメキシコ人ストライカーがボールの角度を変えてゴール(3-0)。

後半追加タイムには交代出場のナーニ、ヤヌザイ、マタへとパスが通り、マタがヒールでリターンしたボールをヤヌザイが決め4-0。完勝したユナイテッドは、最高の状態で来週ミッドウィークのバイエルン戦に臨む。

ページ 1 / 2 次へ »