登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

24/04/2014  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

バット「自分達には光栄なこと」

ニッキー・バットは、ポール・スコールズ、フィル・ネヴィルと共に監督代行を務めるライアン・ギグスをバックアップする機会を与えられ、「光栄なこと」と語った。

デイヴィッド・モイーズ前監督退任に伴い、今シーズン終了までギグスが暫定監督として指揮を執る。ギグスはバット、スコールズ、ネヴィルの経験を信頼し、コーチとしてのサポートを要請。ノリッチ戦から暫定体制で臨む。

「自分ら全員にとってとても名誉なことだし、非常に大きな瞬間。まさか彼らとユナイテッドのファーストチームのコーチとして顔を揃えられるなんてね。12歳くらいから僕らは共に歩んだ。自分はまだ40歳になっていないけれど、ギグシー(ギグスの愛称)は40歳になった。僕もスコールジー(スコールズの愛称)も間もなく40歳になる。僕らとフィルにとっては特別な瞬間なんだ」

「シーズン終了までクラブを助けるため、そして結果を残す為に僕らは揃った。今シーズン終了後のことは誰にもわからない」

バットは選手達が残り4試合で結果を残し、良い形で屈辱的な2013-14シーズンを終えられると自信を見せる。

「われわれにはクラブのことを大事に考える素晴らしい選手達がいる。ユナイテッドの実力をポジティブに考え、クラブにとってベストな結果を求める選手達がいる。土曜日(26日)は極めて重要な試合になる。ライアンにとってだけではなく、ファンやスタッフにとってだけでなく、過小評価された選手達にとっても重要な試合になる」

ページ 1 / 2 次へ »