登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

バイエルン 3
マンジュキッチ(59分)、ミュラー(68分)、ロッベン(76分)

ユナイテッド 1
エヴラ(57分)

2014年4月9日(水)
アリアンツ・アレーナ

10/04/2014  Report by Ben Hibbs

バイエルン 3-1 ユナイテッド

点を取ることが求められたユナイテッドは、パトリス・エヴラのダイレクトボレーで先制したが、3-1で敗戦。2試合合計4-2となり、チャンピオンズリーグ準々決勝での敗退となった。

退いて守りを固めつつ、カウンターからダニー・ウェルベックへのロングパスという意図を明確に示したデイヴィッド・モイーズ監督。激しくプレッシャーをかけ、第1戦よりも確実にバイエルンのペースを乱すことに成功したと言える。
均衡が破れたのは57分、アントニオ・バレンシアのクロスがファーサイドに流れ、エヴラがボレーをゴールネットに突き刺し、ユナイテッドが必須だったアウェーゴールを奪う。だが、その後11分の間にバイエルンが底力を見せ、逆転する展開に。

マリオ・マンジュキッチがフランク・リベリーのクロスをダイビングヘッドで押し込み1-1の同点に追いつかれると、その9分後にはアルイェン・ロッベンからの低いクロスにトーマス・ミュラーが反応。ゴール前でシュートを決めてバイエルンが2-1と逆転。

ゴールが必要になったユナイテッドはハビエル・エルナンデスを投入。直後には香川真司からチチャリートの足下を狙うクロスが出るもシュートは打てない。
76分、バイエルンが決定的なゴールを奪う。ロッベンが自らドリブルで突破し、シュートを蹴り込み3-1。その後スコアは動くことなく、無情にも試合終了のホイッスルが吹かれた。

現時点でユナイテッドがヨーロッパの舞台に来シーズン戻って来られる保証は無い。しかし、ユナイテッドは欧州王者バイエルンを相手に正面からぶつかり、戦い抜いた。

ユナイテッド:デ・ヘア;ジョーンズ、スモーリング、ヴィディッチ、エヴラ、フレッチャー(74分にエルナンデスと交代)、キャリック、バレンシア、ルーニー、香川、ウェルベック(80分にヤヌザイと交代)