登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

02/09/2013  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

ヴィディッチ「精度を高めないと」

ネマニャ・ヴィディッチは、リヴァプール戦の試合内容について不満はないとしつつ、チームメートと共に改善しなければならない部分があると語った。

昨シーズンのリーグ王者は、ダニエル・スタリッジのゴールにより敗戦。ポゼッションでは十分な数字を記録したが、ゴールは奪えなかった。本来ならゴールを挙げていても不思議ではない展開だっただけに、残念なくらい低い決定力は頂けない点だったと言える。

前節チェルシー戦に続いて無得点に終わったが、ユナイテッド主将は落ち着いた口調で、こう語った。

「どの試合にもポジティブな面とネガティブな面がある。今日の試合から得られるものもある。スウォンジー戦では4ゴールを記録したけれど、自分はゴール数で試合を評価したりはしない。リヴァプール戦もチェルシー戦も内容は固かったね。実質相手に何もさせなかったから」

「無得点に終わったのはチームらしくないと思う。でも、まだシーズンは始まったばかりで、これからまだまだ試合はある。心配はしていないけれど、いくつかの部分の精度を高めていかないと」

2006年1月にユナイテッドに移籍したヴィディッチは、何度となくアンフィールドで試合をしてきたが、そのどれもが楽な試合ではなかったと話す。

ページ 1 / 2 次へ »