登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

19/09/2013  Report by Tim Oscroft
ページ 1 / 2 次へ » 

スモーリング、試合後にコメント

クリス・スモーリングは、レヴァークーゼン戦の4-2の勝利はチームスピリットによるものだとコメントした。

ウェイン・ルーニーのゴールで先制したユナイテッドは、一度レヴァークーゼンに追い付かれたが、その直後にロビン・ファン・ペルシーが豪快なボレーを決め、再びリード。そのまま加点を続け、試合終盤に1点を返されるものの最終的に4-2で勝利した。

スモーリングは試合後に以下のようにコメントした。

「チームがまとまっていなければ勝てない。僕たちはまとまっているチームだし、レヴァークーゼン戦ではそれが見事に表れていた。追いつかれた時も決して落ち込むことはなかった。また点を取ろうとしたし、それを実現させた」

「相手にゴールさせるべきじゃなかった。失点がなければ手放しで喜べたと思う。でも全体的には良いパフォーマンスだった」

無事にチャンピオンズリーグ緒戦を終え、次は日曜日のシティー戦が気になるところだが、スモーリングは先発を希望しているとしつつ、アウェイでのシティー戦に恐れてはいないとした。

ページ 1 / 2 次へ »