登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

30/09/2013  Report by A Marshall, G Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

モイーズ監督はシャフタールを警戒

デイヴィッド・モイーズ監督は、102日(水)に行われるシャフタールとのアウェーゲームに強力な布陣で臨むとし、勝ってチャンピオンズリーググループステージで主導権を握りたいと語った。

グループA初戦となったレヴァークーゼン戦では4-2で勝利したユナイテッドは、次節ドンバス・アレーナでシャフタールと対戦する。

モイーズ監督は、「強力な布陣を組んで臨みたい。シャフタールは好成績を残しているチームで、強豪チームだ。今夏1、2選手を放出したと思うが、それでもブラジル出身選手が5、6名は所属している。ウクライナ出身選手だけで構成されているのではなく、世界各国の優秀な選手を集めているチームという印象がある」とコメント。更に以下のように語った。

「レヴァークーゼン戦は結果も良かったので、またチャンピオンズリーグの雰囲気を楽しみたいと思っている。この大会で結果を残せば、ヨーロッパ全土にチームの存在が知られるわけで、ユナイテッド、それにレヴァークーゼンも同じような歴史を辿ってきた」

「近年のチャンピオンズリーグは、イングランド国外のチームも潤沢な資金力を手にしたことで、優勝争いのレベルも激化した。スペイン人選手、それにスペインの強豪チーム、パリ・サンジェルマンの台頭を含め、以前よりも開けた大会になったと思う」

ページ 1 / 2 次へ »