登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

07/09/2013  Report by A Bostock, A Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

代表戦結果:チチャのメキシコ敗退

ハビエル・エルナンデス(メキシコ)、アントニオ・バレンシア(エクアドル)は、それぞれワールドカップ予選で敗退したが、アンジェロ・エンリケス(チリ)にとっては満足の行く内容となった。

チチャリート(エルナンデスの愛称)はホンジュラスとの予選でベンチスタートとなったが、メキシコはオリペ・ペラルタが先制点を挙げ、およそ60分まではリードしていた。しかし、ジェリー・ベンクトソンに立て続けに2ゴールを許し逆転される。たまらずユナイテッドのストライカーを投入したメキシコだったが、時既に遅し。2-1で敗れ、ホンジュラスが北中米カリブ海最終予選で、自動的に出場が決まる3位に浮上。メキシコは4位に順位を落としている。

メキシコがホームで行われたワールドカップ予選で敗れたのは、今回のホンジュラス戦を含み、直近78試合中2試合のみ。仮に10日(火)に行われるアメリカ戦に敗れ、予選を4位で終えた場合、出場枠をかけたプレーオフでニュージーランドと対戦することになる。

バレンシアを擁するエクアドルは、コロンビアに1-0で敗退。コロンビアは前半、モナコに移籍したラダメル・ファルカオのロングシュートをGKが弾いたところを同じくモナコ所属のハメス・ロドリゲスが蹴り込み先制。エクアドルも後半にバレンシアがペナルティエリアで倒されPKを獲得したが、エクアドル主将のウォルター・アヨビが痛恨のミス。結果1-0のまま敗れた。
バレンシアは試合後、ブラジル人レフェリーが本来2本目となるはずだったPKを与えなかったとして、メディアに怒りをぶつけた。「何が起こったか見ていただろ? 間違いなく相手のハンドがあった。非常にがっかりしている」とコメント。

ページ 1 / 2 次へ »