登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

17/09/2013  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

ギグス、ドイツ勢の実力を称賛

昨シーズンのチャンピオンズリーグは、優勝したバイエルン、そして準優勝したドルトムントらドイツ勢が躍進する結果となった。その点を踏まえ、ライアン・ギグスは今日17日(火)に対戦するレヴァークーゼンとの試合も厳しいものになると予想している。

グループAに振り分けられたユナイテッドは、昨シーズンのブンデスリーガ3位のチームとホームで対戦。2位ドルトムントと僅か勝ち点1差としたチームは、国内リーグで唯一王者バイエルンに土をつけた。

ギグスは、「間違いなく厳しい試合になる。今のドイツのフットボールの実力は優れている。昨シーズンの決勝にドイツの2チームが進出したことが、それを証明している」とコメント。

「バイエルンは以前から優れた成績を残しているし、ドルトムントも台頭してきた。凄まじいエネルギーを持っていて、対戦する相手にとっては嫌なチーム。昨シーズンは皆ことごとくやられたからね」

「今のドイツには素晴らしい若手選手が多い。代表も強いしね。彼らは結果を残しているだけではなく、魅力的で、優れたフットボールを展開しているから」

サミ・ヒューピア監督が率いるレヴァークーゼンには、シドニー・サム、ソン・フンミンという強力なウィンガーに加え、昨シーズンのリーグ得点王シュテファン・キースリングというフィニッシャーも存在。更には堅固な守備も光る。

ページ 1 / 2 次へ »