登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/10/2013  Report by Ian McLeish

前監督、モイーズ監督をサポート

アレックス・ファーガソン前監督が自伝を出版してロンドンで記者会見を行い、モイーズ監督に対するサポートの言葉を含め、様々な発言を行った。

ワールドカップオーストラリア代表監督のオファーを断ったとされるファーガソン監督は、過去イングランドサッカー協会(FA)からもオファーがあったことも明らかにしつつも、「ユナイテッドでの指揮を終えれば、私の監督人生は終わりと言うことだ」とコメントした。

「(イングランド代表監督を引き受けることは)彼らの地位を下げる絶好のチャンスだった(笑)。それは冗談としても、断るのに10秒もかからなかった。私がイングランドを率いることはありえない。私がスコットランドに戻れなくなるだろう?」

今回の自伝にはデイヴィッド・ベッカム、ロイ・キーン、そしてウェイン・ルーニーとの関係性が赤裸々に書かれているが、それと共にカタールで開催されるワールドカップ、人種差別問題、そしてドイツ代表の台頭など現在の問題点についてもするどく言及している。尚、近年のユナイテッドの状況については、「ユナイテッドは常に挑戦を受け続けてきた。挑戦はユナイテッドにとって問題ではない」とコメントした。

ページ 1 / 2 次へ » 


「私がユナイテッドに加わった時、マット・バスビーから多くの励ましをもらった。モイーズ監督にもそうしてあげたい。彼に対するクラブのサポート体制は完ぺきだ。今シーズンは厳しいスタートとなったが、プレミアリーグで逆転優勝を収められるのはユナイテッドだけだ。調子が出てくれば問題ないだろう」

-アレックス・ファーガソン前監督