登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

21/10/2013  Report by A Marshall, S Bibby
ページ 1 / 2 次へ » 

サー・アレックス「監督とは神聖」

サー・アレックス・ファーガソンは、ユナイテッドが監督という立場をクラブ内で絶対的なものとして尊重してくれた点に感謝していると、指揮官時代を振り返った。

自伝の発売を今週に控えたサー・アレックスは、MUTVの独占インタビューに応じ、複数のトピックについて答えてくれた。デイヴィッド・モイーズ監督についてもも話は及び、クラブがしっかり支えると約束している。

「デイヴィッド(ギル前CEO)の時代は、常に監督がクラブで最も重要と言っていたのを覚えている」

「アレックス・ファーガソンだろうと、デイヴィッド・モイーズだろうと、マット・バズビーだろうと、監督はいつだってクラブ内で最も重要な存在で、神聖な存在だ。ユナイテッドは常に、監督が最も重要という厳格な考えを持っている」

「デイヴィッド・モイーズが成功する鍵は、以前よりも良い成績を残そうと考えるのではなく、この20数年続けてきたことを繰り返し、成功を掴むこと。われわれが所属するリーグでの優勝は難しい。だいたい6チーム前後が優勝争いに加わるわけだからね」

「デイヴィッドにとっては、ユナイテッドでのタイトル獲得は素晴らしい功績になる。リーグカップ、FAカップ、チャンピオンズリーグ、プレミアリーグに関わらず、タイトル獲得は偉大な功績。われわれが最優先することをデイヴィッドも理解しているだろうし、成功してもらいたい」

ページ 1 / 2 次へ »