登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「攻撃の形がなかなかチャンスが少なかったというのはすごく感じていますので、(ベラルーシ戦では)そこのチャンスの数であったり、得点というのはどこまでチームとして取れるかというのをすごく期待して頑張っていきます」

―香川真司

12/10/2013  Text by Yumiko Yasugi, Photo by Shinichiro Kaneko, Cooperation by Soccer King
ページ 1 / 2 次へ » 

シンジ「個の力を発揮しないと」

セルビア戦から一夜明けた12日(現地)、香川真司が報道陣の取材に応じ、改めてセルビア戦を振り返っている。

―昨日の試合は外から見ていると、日本が主導権を握っていたと思うが、実際にやっている選手はどういう感触だったか?
「主導権というか、ボールは回せていたが、結果的にゴールであったり、チャンスの数は明らかに少なかったので、そこが問題なのかなと思っています」

―一晩経って収穫はクリアになったか?
「守備の方で、前線からいくところで取りきれたところだったり、攻守の切り替えの速さであったり、ところどころでのそういう良さは出ていたし、実際に失点も結果論ですけど、不運に近かった。あんまり崩されての失点ではなかったというか。2失点目も最後に攻めに出た中でカウンターからしてしまったということで、そこまで今回は守備には問題なかったのではないかなと思います」

―そんなに差は感じなかったのに0-2になったのは、運、不運以外に別の要素があると感じるが?
「昨日は守備に関しては、もちろん前半に数回チャンスを作られましたし、上手くチームとして守れていた部分も多かったですし、なので引き分けられてもおかしくない試合だった。逆に僕らが先制点を前半の内に取れていたら勝てた試合かもしれない。結果論ですけど、それはすごく感じましたし、チームとしてはすごく守備は守れたんじゃないかなと。でも、やっぱり攻撃のところはやっぱり、特にビハインドになったときに、やっぱり精神的に負けている状況の中で、攻撃の中で相手が上手くブロックを作った時に、なかなかやっぱり攻撃の形を見いだせなかったというのは1つありますし、そういう意味では、結果論ですけど全て。ただ、ビハインドになったときの僕らの攻撃の形というものはもっと構築というか、選手全員で意思統一していかないといけないのかなと思います」

―最後のこじ開けるということに関して、例えば香川選手のドリブルだとかというものを出せたら、何かが起きるかなという感じもするが?
「もちろん、最後は個の力を発揮しないといけない、強引にでもいかないといけないのはわかりますけど、そこまでチームとして最終エリアの中に数的有利でスピードに乗ったところで、ボールを運べなかったというか」

ページ 1 / 2 次へ »