登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「チームにとって重要な試合になる。勝てばグループで有利なポジションに立てる」

― デイヴィッド・モイーズ監督

20/10/2013  Report by Adam Marshall

監督「ソシエダ戦は重要」

デイヴィッド・モイーズ監督は、23日(水)に行われるレアル・ソシエダとのチャンピオンズリーグ戦について、グループステージ突破に向けた重要な一戦になると語った。

現在2試合を終え勝ち点4としているユナイテッドは、今後バスク地方のソシエダとホーム・アンド・アウェーでの連戦を戦う。ホームでの試合にきっちりと勝って勝ち点3を獲得出来れば、グループA突破に近づくと監督は見ている。

「チームにとって重要な試合になる。勝てばグループで有利なポジションに立てる。ホームのアドバンテージを生かし、結果を残さないといけない」

「序盤戦で有利な立ち位置につく為にも、勝たないといけない。それがチームのプラン」

ソシエダは前節バレンシアに2-1で勝利するなど、好調を維持。オールド・トラッフォードに意気揚々と乗り込んでくるだろう。
バレンシア戦では前半にアントワーヌ・グリースマンのゴールで先制すると、60分近くにはルベン・パルドが追加点を決めた。

監督は「ソシエダは夏にベストプレーヤー(アシエル・イジャラメンディ)をレアル・マドリーに放出したが、チームとして良いバランスを取り戻しつつある」と話すなど、相手を警戒。

更には、「彼らは望んでいた形でグループステージに上手く入っていけなかった。レヴァークーゼン戦でも終了直前にFKを直接決められたからね。きっと立て直そうと必死に向かってくるだろう。われわれはプロとして、自分達のやるべきことをしっかりとやって勝ち点3を取るだけだ」と語った。

【関連記事】
ユナイテッド1-1サウサンプトン