登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/10/2013  Report by Tim Oscroft
ページ 1 / 2 次へ » 

ベストGKの位置に迫るデ・ヘア

デイヴィッド・モイーズ監督は、ユナイテッドGKのダビド・デ・ヘアならなば、世界でもベストGKになれると太鼓判を押している。

2011年にアトレティコ・マドリーから移籍したスペイン人GKに対し、イングランドのメディアは当初必要以上の批判を浴びせたが、今ではユナイテッドの砦を守るファーストチョイスに定着。

移籍1年目こそアンデルス・リンデゴーアと出場機会を分け合ったが、イングランドでのプレーに慣れるに連れ、パフォーマンスによりサー・アレックス・ファーガソン前監督の信頼を勝ち取った。
2-1で勝利した前節サンダーランド戦でも、エマヌエレ・ジャッケリーニのシュートを見事なセーブで阻止。一時は相手のペースになりかけた流れを取り戻したプレーについて、クラブレジェンドのピーター・シュマイケルも「プレミアリーグの試合で見た中でもベストの1つ」と称賛したほど。

23歳の誕生日まで数週間としたデ・ヘアは、間もなくユナイテッドでの通算100試合出場を達成する。監督は、昨シーズン初めて獲得したリーグ優勝に加え、今後もデ・ヘアが数多くのタイトルを手にするだろうと語った。

「ダビドは、ユナイテッドに移籍してからの数年で成長した。彼がまだ若いコ頃にサー・アレックスがクラブに移籍させてから、若い選手にとっては難しい環境の中、少しずつ経験を積ませていった。近年では、GKとCBは若い選手がこなすには最も難しいポジションとなっている。ユナイテッドは、ここ数年の間、それだけ難しいことを実行し、得られる物の大きさを示してきた」

ページ 1 / 2 次へ »