登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

11/10/2013  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

クレヴァリー「ローンは良い経験」

トム・クレヴァリーは、今シーズン他チームにローン移籍した若手の多くが出場時間を与えられている点を踏まえ、ビッグクラブに所属する若手にとってはファーストチームでの出場経験は極めて重要と主張している。

クレヴァリー自身もユナイテッドのファーストチームに定着するまでの間、レスター、ワトフォード、ウィガンにローン移籍し経験を積んだ。現在ウィガンにはニック・パウエルが所属し、レギュラーとして活躍中で、他にもジェシー・リンガード、フェデリコ・マケーダ、ライアン・タニクリフェらもオールド・トラッフォードから離れて経験を積んでいる。

MUTVのインタビューに応じたクレヴァリーは、「(ローン移籍は)自分の成長に繋がった。それは確実に言えるね」とコメント。
「ローン移籍した3チームで色々と学べた。ビッグクラブに所属する若い選手にはローン移籍を薦めるよ。選手の自信にもなるし、今ローンに出ている選手達は皆素晴らしいプレーをしている。見ているこちらも嬉しくなるよ」

また今シーズンから始まったUEFAユースリーグについても、成長過程にいる10代の頃に経験したかったと語った。
ユナイテッドはグループステージ初戦のレヴァークーゼン戦を4-3で勝利したが、シャフタール戦は2-1で敗れた。

「素晴らしい大会だと思う。僕の頃はセルティックと対戦したのが凄く良い経験になった。チームの皆とも、彼らの年代の頃に同じような大会があったら良かったのにと話しているくらいだから」

「他国のクラブと対戦するのは若い選手にとって良い経験になる。それに試合の日の夜はファーストチームの試合を観られるからね。自分達と同じ飛行機で一緒に移動するのも良い経験。若い選手達とも色々と話をするし、試合についてこち

ページ 1 / 2 次へ »