登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

04/10/2013  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

カタールW杯の日程変更を求む監督

デイヴィッド・モイーズ監督は、2022年にカタールで開催されるワールドカップの開催時期を変更する必要があると主張した。

通常通り夏季に開催すれば、40度を超える酷暑の下で選手、サポーターの健康面に大きな影響を与えかねないという懸念があり、最近はカタールで働く移民労働者による労働環境の改善を求める運動も盛んに起こっている。

現在FIFAはチューリッヒで理事会を開いており、ワールドカップ・カタール大会の開催時期変更も議題に上ると見られている。仮に開催時期が変更となれば、バークレイズ・プレミアリーグを含む欧州各国リーグにも影響が出るのは必至。

この問題について、サンダーランド戦前日会見で質問された監督は、「ワールドカップ本大会開催の前後年から変更が必要だと思う」とコメント。以下のように自論を述べた。

「開催時期をずらす他に方法はないだろう。プレミアリーグを含め、他国のリーグも既に検討していると思う。必ず日程を変更する必要があるだろうからね」

「仮にワールドカップが冬に開催されるとすれば、冬季休暇を得るのと同等だと思う。そうなればリーグ戦の期間は延びるだろうし、かなりの試合が追加されることになる。たとえばFAカップの再試合をなくし、リーグカップ戦も試合数を少なくするなどの対応が必要になるかもしれない。議論されているのはワールドカップなわけだから、必ず開催しないといけない。決定権を持つ側が適切な決断を下してくれると思う」

ページ 1 / 2 次へ »