登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「1試合1試合にかける思いを強く持ってやらないと、自分達は勝てないと思っているので」

-香川真司
18/11/2013  Report by Yumiko Yasugi, Photo by Shin-ichiro Kaneko, Cooperation by Soccer King
ページ 1 / 2 次へ » 

シンジ「最大の準備と切り替えを」

16日の国際親善試合オランダ戦から一夜明け、日本代表は19日に行われるベルギー戦に向けて練習を行った。

以下は香川真司のコメント。

―今日は別メニューみたいだったが、何か張りとかがあったのか。

「足の打撲だけなので、そんな大きなものではないです」

―昨日は同サイドのロッベンを押し込むことに成功したが、どういう相手でもああいうことが理想になるのか。

「そうですね。僕達が後半にやることをスッキリさせたからこそ、内容が良かったと思いますし、それを前半後半通してより高い精度を持ってやれれば理想ですけど。それを90分通してやるにはまだまだチームとしての完成度は高くないですし、それは60分だったり70分だったりちょっとずつ自分達の時間帯を増やして、トータルで戦えるようにしないといけないなと思います」

―左サイドから中央によっていく頻度が増えていると思うが、そのコツやタイミングがユナイテッドも含めて良い方向に来ているという感触があるのか。

「昨日に関しては、相手の中盤の中で前半は見切られていた分、後半は僕達がうまくコントロールしたいなという思いはあったので、そうするにはどんどんボールに絡んで動きながらやることが一番自分達にとって大きいかなと思っていたので、それは上手く試合の流れを見てスペースを見つけてやるようにしました」

―ベルギーを叩けば勢いづくと思うが、チーム全体と自身の勢いを感じていきたいか。

ページ 1 / 2 次へ »