登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

27/11/2013  Report by T Oscroft, G Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

監督はアウェーマッチを警戒

デイヴィッド・モイーズ監督は、チャンピオンズリーグ・グループステージとして行われるアウェーでのレヴァークーゼン戦について、「タフな試合になる」と話し、警戒を強めている。

ユナイテッドはホームでレヴァークーゼンに4-2で勝利したが、ドイツサイドは同試合以降チャンピオンズリーグで無敗を継続し、現在ブンデスリーガ2位につけるなど、好調を維持。グループステージでも首位ユナイテッドと勝ち点差1の2位としている。
ユナイテッドも10試合負け無しとしているが、モイーズ監督は、決して簡単な試合にはならないと予見した。

「今回の試合は最もタフなもので、重要なものになる。レヴァークーゼンは好調を維持しているので、非常に厳しい試合になるだろう」

「グループステージの日程を見た当初は、アウェーでのシャフタール戦が最も厳しいものになると思っし、実際に難しい試合だった。今回はグループステージでの最後のアウェーマッチで、レヴァークーゼンは国内、そしてグループステージでも好調を維持している」

以前リヴァプールでプレーしたサミ・ヒューピア監督が率いる点についても、監督は次の様に語った。

「現役時代の彼は、リヴァプールでも素晴らしい選手だった。監督としても良い仕事をしているし、強豪が揃うリーグで上位につけている良いチームだ」

ページ 1 / 2 次へ »