登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

06/11/2013  Report by Ryan Grant
ページ 1 / 2 次へ » 

モイーズ監督「勝つべき試合」

デイヴィッド・モイーズ監督は、ユナイテッドが勝ち点3を獲得するチャンスを逃したとレアル・ソシエダ戦後に語ったが、まだノックアウトステージに進出する上で良い位置につけていると主張した。

今節の結果により、ユナイテッドはグループA首位をキープしているが、2位のレヴァークーゼンとの勝ち点差は僅かに1。モイーズ監督は試合後のインタビューで、本来なら更に勝ち点差を広げられたと話した。

「勝つべき試合だった。勝ち点3は目の前のところにあったわけで、更に有利なポジションに立てていただろう。今回の試合では実行出来なかったが、残り試合で結果を残せるだけの実力はある。まだグループ首位だが、今日の試合でも勝ち点3を取れていたと思う」

「特に後半はチャンスを多く作れていた。試合の大半を通してコントロール出来ていたので、われわれが勝利する側に相応しいと思った」

「チャンスや好機を得た時に決めないといけないことをフットボールが教えてくれる。大きなチャンスを逃してしまったが、幸いにもまだグループ首位だ」

また、モイーズ監督は、レフェリーのジャッジについても懐疑的な意見を寄せている。

ページ 1 / 2 次へ »