登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

フルアム 1
ルーニーOG(65分)

ユナイテッド 3
バレンシア(9分)、ファン・ペルシー(20分)、ルーニー(22分)

2013年11月2日(土)
クレイヴン・コテージ
観衆:2万5700人

03/11/2013  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

フルアム 1-3 ユナイテッド

久々のアウェーゲームとなったフルアム戦は、アントニオ・バレンシア、ロビン・ファン・ペルシー、ウェイン・ルーニーが前半にゴールを決め、ユナイテッドが3-1で勝利した。

3連勝のユナイテッドは、序盤からボールを回してペースを掴むと、9分にはボックス手前でファン・ペルシーが粘ってキープし、左サイドに展開していたルーニーにパス。ルーニーは中央で相手DFを引きつけていたフィル・ジョーンズではなく、ファーサイドのバレンシアにラストパスを出し、エクアドル人ウィンガーが冷静に押し込み先制する。

先制後のユナイテッドはラインを高く上げてプレスをかけ始め、ポゼッションで有利に試合を進めると、20分にはアドナン・ヤヌザイがスコット・パーカーからボールを奪い、ペナルティエリア内でパスを受けたファン・ペルシーが左足でシュートを突き刺し2-0。

守備の粗さが目立つフルアムに対し、ユナイテッドも猛攻を仕掛け続ける。
2点目が決まった2分後には、トム・クレヴァリーから右サイドに張っていたファン・ペルシーへと簡単に繋がり、ゴール前のルーニーがラストパスを楽に蹴りこみ3-0。

デイヴィッド・モイーズ監督は、前半に負傷した選手に代え、後半開始から3枚の交代カードを切り、マルアーヌ・フェライーニ、香川真司、クリス・スモーリングを投入。

3点のリードがあったからなのか、あえて攻めることは控え、ボールをキープして相手の出方をうかがうように見えるユナイテッド。

65分にはアレクサンデル・カチェニクリッチのシュートにルーニーが触ってコースが変わり、オウンゴールとなって1点を返されるものの、ユナイテッドはその後もキープ中心のスタイルを変えず、勝ち点3を獲得した。

ページ 1 / 2 次へ »