登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

09/11/2013  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「フェライーニは良くなる」

デイヴィッド・モイーズ監督は、今夏の移籍期限当日に獲得したマルアーヌ・フェライーニの起用法について、当初はじっくりとチームに馴染む時間を与えてから出場機会を与える方針だったことを明かした。

フェライーニはミッドウィークのレアル・ソシエダ戦に先発出場したが、後半に2枚目のイエローカードをもらい退場処分を受けた。しかし、モイーズ監督は、膠着状態にあった試合で25歳のMFが見せたプレーについて、徐々に調子を取り戻している印象を受けたという。

「本来なら、(加入後)もう少し調整に時間を与えようと思っていた。じっくり時間を与えて、それからチームのプレーに合うようにしてあげたかったが、チーム事情から止むを得なく起用した。その時は良い状態ではないように思えたが、ソシエダ戦では良いプレーが見られた」

ユナイテッドが獲得候補として検討していたと報じられたこともあったメズート・エジル(アーセナルに移籍)についても、監督は香川真司、ウェイン・ルーニーら同ポジションの選手がいた為、獲得を検討しなかったと明らかにしている。

「彼がアーセナルに移籍する前に色々と報道されたようだが、われわれにはシンジ、ウェインら同じポジションの選手がいたので、彼は必要な選手ではなかった。それにアドナン・ヤヌザイも経験を重ねていけば同ポジションでプレー出来る。われわれが補強対象としていたのは異なるポジションだった。私は彼に関心があると言ったこともなかった」

ページ 1 / 2 次へ »