登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「パレードで選手達が飛び跳ね、歌を歌って喜んでいたところを見たと思うけれど、1年を通してサポートしてくれたファンと共に優勝の喜びを分かち合うことが出来て嬉しかった」

― ネマニャ・ヴィディッチ
22/05/2013  Report by Adam Marshall

タイトル奪還に見えるヴィダの誇り

ユナイテッド主将のネマニャ・ヴィディッチは、シティーからリーグ優勝を奪還出来たことに誇りを感じていると表現した。

セルビア人CBは、チームにとってリーグ優勝という結果は相応しいもので、26年以上に渡り指揮を執ってきたアレックス・ファーガソン監督を見送る上でも最高の形になったとコメント。

「このクラブで、素晴らしいチームメートと共に、監督の為にプレー出来て誇りに思う。僕はクラブで素晴らしい7年を過ごしてきて、タイトルにも恵まれた。そして今シーズンも成功を収めることが出来て非常に嬉しく思う」

「今シーズンはゴールを決めた選手が20人だと思うけれど、凄い結果。チームスピリット、それにタイトルを勝ち取るのにチームがどれほど必死になっていたかを証明する数字だと思う。良い練習をして、試合でも上手く対応してきた結果、優勝出来た。パレードで選手達が飛び跳ね、歌を歌って喜んでいたところを見たと思うけれど、1年を通してサポートしてくれたファンと共に優勝の喜びを分かち合うことが出来て嬉しかった。僕ら全員にとって、優勝は相応しい結果だと思う」

「監督の下でプレー出来たのはこの上ない喜びだった。自分にとっての監督だから、サー・アレックスについて語るのは難しい」

「勇退した今なら言えるけれど、彼は偉大な人物で、常に選手のことを気遣ってくれていた。そして常に選手を前に前に向かわせた人。選手達の力を信じてくれている。だからこそ、自分達も彼の為にプレーしたいと思うんだ。このクラブ、そして監督の為にプレー出来るのは最高の喜び」

【関連記事】
RvPがゴールデンブーツ受賞